輸入住宅

輸入住宅にバルコニーはつけるべきか

住宅地

輸入住宅にはほとんどバルコニーはありません。しかし、日本の住宅には基本的にバルコニーはついていて、そこで洗濯物を干すというのが一般的です。バルコニーがないと洗濯物が干せないので、当然不便です。しかしながら、せっかく輸入住宅を買うまたは建てるのに、日本っぽいバルコニーなんてつけたら格好悪いと考える方もいらっしゃるでしょう。
実際のところ輸入住宅にはバルコニーはつけた方が良いのか、つけない方が良いのか、説明していきます。見た目最重視の場合、やはりバルコニーはない方が良いでしょう。実際のところバルコニーをつけるにしても、目立たないところにつけたり工夫をしています。バルコニーに洗濯物がぶら下がっていると、どうしても輸入住宅のオシャレ感は半減します。
なので目立たないところにつける、またはバルコニーをつけない方は多いです。しかしこの場合洗濯では本当に苦労します。バルコニーをつけてもここは日本ですから実際のところ見る人も何も思わないでしょう。ただ家の正面側にバルコニーをつけてしまうのは、景観的にあまり良くありません。正面だけ避けてできるだけ目立たないようにバルコニーをつければ、見た目もある程度維持できてその上で利便性も保てるのでおすすめです。

輸入住宅の間取りは日本とは全く違う

建売の輸入住宅を購入する場合には、間取りを自分で考える必要がないので楽です。しかしながら、輸入住宅を自分で建てるとなると、間取りを考えないといけません。しかしながら、輸入住宅の間取りというのは日本のそれとは大きく異なります。しっかりと勉強をしないと、輸入住宅らしい間取りにはできないと言えるでしょう。
まず輸入住宅の間取りの特徴をあげていきます。輸入住宅は2階にバルコニーを設けない傾向にあります。バルコニーがないと不便するでしょうが、バルコニーをつけてしまうと外観は少し輸入住宅らしさがなくなります。利便性をとるか見た目をとるか考えましょう。また輸入住宅は2階の部屋数が少ない傾向にあるので、寝室を2階ではなく1階に設けることが多いというのも一つの特徴です。さらに、輸入住宅であればウッドデッキをつけるとそれらしくなります。
輸入住宅の間取りは完全に外国に寄せるのも良いのですが、やはり日本人には和室など日本らしさがどこかにあった方が住み心地が良くなります。基本は外国風の間取りにして、どこか一つ和室を作るなどして日本人が落ち着ける空間も作りましょう。これが輸入住宅の間取りを考える時のコツになりますので、是非覚えておきましょう。

斬新なデザインが特徴的な輸入住宅

輸入住宅のメリットとは一体何があるのか?一言で輸入住宅といっても見る視点は様々にあります。この記事では輸入住宅を選ぶメリットについて詳しくお伝えしていきたいと思います。輸入住宅は、何と言ってもこの斬新なデザイン力が特徴です!レンガで外壁を造っている住宅や、真っ白い石膏を塗っている様な造りが日本の住居にはない斬新さを演出してくれています。
また、外壁同様に玄関周りのタイルや、それまでの道のりも輸入住宅ならではのデザインが採用されております。見て楽しくなるような居住空間となります。外観が良くっても内装が普通なら輸入住宅を選んだ意味は少し薄れてしまいますよね?ですが、輸入住宅は内装にもこだわりがあります!まず、広いリビングですが、家を建てる時に柱を少なくする方法を用いておりますので開放的なリビングが毎日を迎えてくれます。
家族の集まる憩いの空間が明るいと家の中も自然と明るくなります。輸入住宅は、住むだけでなく帰る場所としても活躍してくれます。近年、輸入住宅を選ぶ方が増えているのは、デザインや住み心地の両方を兼ねそろえているからだと言えます。皆様もマイホームを建てたいとお考えの際は、輸入住宅を選択肢にいれてみるのも一つだと思います。

輸入住宅としてのメリットは

せっかく、住宅を購入するのであれば少しでも面白いもの、拘ったものにしたいと考える人は多いでしょう。そうした人に意外とお勧めできるのが実は輸入住宅になります。
これはまずは耐震性能に優れている、という特徴があります。とにかく日本は地震が多いですから、これはとても有難いことになるでしょう。そして、輸入住宅は全体として気密性能にとても優れていることが多いのです。但し、これは高温多湿の日本においては厳しい時期もあります。そして、実はセット、つまりはユニット式のような形で販売されていますから、工期が短い、という特徴もあるのです。これも実に有難いことであるといえるでしょう。また、壁の室内側を多くの場合、石膏ボードで覆うことになります。これは耐火性脳が高い、ということになります。このようなメリットが輸入住宅にはあるのです。
しかし、金額的にはどうしても輸入するわけですから、高くなってしまうことが多いです。その点のみは覚悟しておいたほうがよいでしょう。いうまでもありませんが、まずはなにより大事になるのがコストなのです。輸入するわけですから実は円高のときなどに買うと少し安くなることもありますから、それを狙うのもよいでしょう。


他の人と差をつけるために輸入住宅を購入してみてはいかがでしょうか。最近は斬新なデザインをもちながらも、日本人が住みやすいようなレイアウトを取り入れている輸入住宅がたくさん出てきています。デザイン性、機能性、どちらも優れた輸入住宅でほかの家庭との差をつけましょう。

Pick Up

  • 輸入住宅に対する不安を解消

    輸入住宅に興味があるものの、日本の住宅との違いに対して同時に不安もあってなかなか踏み出せないという方は多いはずです。なのでこれから多くの人が持つであろう輸入住宅に対する不安を解消していきたいと思います。皆さんの不安がなくなり輸入住宅を実際に買いたいと思って頂ければ幸いです。まず輸入住宅…

    Readmore

  • 輸入住宅をマイホームにしてみて感じたこと

    いつかマイホームが欲しい、そう思った私が念願のマイホームを、しかも憧れの輸入住宅で手に入れることができたのは昨年の夏のことでした。実際に、輸入住宅をマイホームにしてみて感じたことを、以下に少しだけまとめてみることにします。我が家は、フレンチスタイルの輸入住宅を建てることができたのですが…

    Readmore

  • 輸入住宅を選ぶ

    マイホームの購入に輸入住宅を選ぶ方が近年増加傾向にあります。輸入住宅とは一体なにか?輸入住宅の魅力とは?といった事をこの記事では分かりやすくお伝えしていきたいと思います。輸入住宅とはその名の通り、北欧や北米の住居をそのまま日本に持ってきたスタイルをいいます。輸入住宅の特徴は、外観のデザインや内…

    Readmore

Update Post